« また、干す | トップページ | 扇子の事 »

2010/03/18

銀座『日々』作品展のご案内

 
Photo_3

Photo_2

久保紀波作品展
峯史仁・くみ紐とともに

会期:4月2日(金)~6日(火) 12:00→19:00(6日は17:00終了)無休
会場:エポカ ザ ショップ銀座 B1 日々
    〒104-0061東京都中央区銀座5-5-13
    TEL.03-3573-3471
銀座日々

久保紀波、峯さん共に会場におります。
高尾野草染めの組紐は普段目にする帯締めとはちょっと違います。組の技術の素晴らしさは勿論、自然の色の組み合わせの美しさはやはり草木染のお着物や帯にはしっとりと馴染んで気持ちが良いです。
細いグラスコードにも高山の苔や梅、枇杷、桜についた毛虫の糞やお蚕さんの糞などさまざまな染めの色が組み合わさり、お話を伺うのも楽しみです。

同時に石塚智之墨画の新作扇子もそれぞれ楽しめるものばかりです。

どうぞお出かけくださいませ。

日傘:
ラオスの手織り、レナンシルクの手織りそれぞれ草木染の日傘は一点ずつの出品です。
限定5本。
小千谷縮の縞各種。
大島泥染め。
タッサーシルク織り込み。
手織りの白麻・・・・・など。
以前にお求めいただいて、そろそろ張替えのご希望がありましたらご相談くださいませ。

扇子:
ピーニャの切りえ、型染め。
墨画各種規格
手に馴染む使いやすい骨の規格の扇子など。
オリジナルのご相談もお受けいたします。

帯:
絞りや板締めの実験的な染め帯をつくってみました!
生紬、タッサーシルクの入った織りの素材など。
縮緬の絞りに京都の職人さんに刺繍を施していただいた染め帯もご覧ください。
石塚手描きの六通に草木染めで地を染めた麻帯も。

その他の小物:
縮緬、絽縮緬帯揚げ
風呂敷
扇子袋 など

« また、干す | トップページ | 扇子の事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« また、干す | トップページ | 扇子の事 »